ブラックでも借りれる

ブラックでも借りれる!※闇金以外の安心金融

自分はブラックリストに載ったのか?キャッシング信用情報機関の基準

クレジットカードを作ったりキャッシングを組んだ場合、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。これが一定期間返済が滞ったり、債務整理が発生した場合「事故情報」として登録されます。

 

このことを通称「ブラック情報」と呼ばれており、俗的に「ブラックリスト」と言われるようになっています。

 

金融機関がこうしたリストを作っているわけではなく、信用情報機関における「事故情報」の記録のことを言います。

またキャッシング(ローン)事故とは、契約通りにお金を返さなかった場合のことです。大きく分けて次のような種類があります。

 

・「延滞」「代位弁済」「債務整理・自己破産」「強制解約」などです。

 

 

金融機関には、主に「銀行」「消費者金融系」「信販会社」に分類されますが、これらの業態により加盟する機関が違います。

 

・銀行系の信用情報機関ー全国銀行個人信用情報センター

 

・信販会社の信用情報機関ー株式会社シー・アイ・シー

 

・銀行、消費者金融系、信販会社系の信用情報機関ー株式会社日本信用情報機構となっています。

 

 

次に事故情報として扱われるものとその期間についてです。

 

・支払い予定日より3か月間支払いが遅れた場合ー5年間
・自己破産ー7年から10年間
・任意整理ー5年間 ・特定調停ー5年間
・過払い請求ー5年間
・個人再生ー5年間

 

ということでこの期間内はどのクレジットも基本的には借り入れが出来なくなります。また、「事故情報」は期間満了前に取り消すことは、どんな手段を使っても出来ません。

 

タグ :    

ブラックのキャッシング情報

この記事に関連する記事一覧